top of page
  • 執筆者の写真ハンガリー語入門講座

(終了レポート)11月23日「sótalan[洪]⇔塩足らん[日]」文化イベント

〜伝統舞踊や音楽で味わうハンガリー語母語話者の文化〜


 Jó napot kívánok!


 11月23日「sótalan[洪]⇔塩足らん[日]」文化イベントは無事に終了いたしました!

来ていただいた方々にお礼を申し上げます。


 イベントは豊富な内容で、ハンガリー語とハンガリー文化のさまざまな面—音楽、踊り、生活など—に触れることができました。


 まず、ハンガリー語ってどんな言語なのかご存知でしょうか。

 ハンガリー語の「sótalan」という言葉は、日本語の「塩足らん」、塩がない、足りないという表現に当たります。

 当イベントでパパイ・エステル先生がハンガリー語の仕組みの説明と、基本的な挨拶を教えてくれました。この大切な知識を持って、ハンガリーへ出発しました!


 ちなみに、イベントのタイトルは、有名な民話に関わるものです。


 ある国の王様は3人の娘に聞きました。

「どれほど私を愛していますか。」

上の娘二人は何か美しい言葉で返しましたが、一番年下のお姫様は、

「人々が塩が好きなのと同じくらいお父さんのことを愛しています!」と答えました。

それで怒られて、国から追い払われましたが、隣の国の王子さまと出会い、結婚しました。王子にお父さんの話をしたら、王子にいい案が思い浮かびました。

宴を開いて、王様を誘いました。ですが、料理に塩をまったく入れませんでした。王様はそれを食べたら、娘が前に言っていたことが理解できました。それでお姫様と再会して仲直りをしたという素敵なお話です!もちろんイベントで紹介されました!^~^


 隣の国にもハンガリー語母語話者の文化があります。

たとえば、トランシルヴァニア(隣ルーマニアの一部)にもハンガリー系の人が住んでいて、今も様々な伝統を引き継いでいます。


 堀川能輿さんと高崎泰斗さんは、ハンガリーとルーマニアの旅行、留学の話をたくさん紹介してくれました。お二方はダンサーさんなので、踊りの練習をはじめ、現地の果物とタクシードライバーの様子まで楽しく語ってくれました。日記と呼べるものでしょうか。

 ハンガリーの踊りも披露してくれました。彼らの大好きなトランシルヴァニアの話もたくさんできました。堀川さんによると「ルーマニアはたい焼きの形をしています。たい焼きのおなかがトランシルヴァニアです。一番あんこが詰まっているところがトランシルヴァニアです。あんこには、宝石が入っていますね」だそうです!


 京都大学民族舞踊研究会OB・OGの高崎泰斗さんと芦澤和さんはルーマニアのモルドバ地方に住んでいるチャーンゴー人(ハンガリー系の小数民族)の踊りを紹介してくれました。

 ダンサーさんたちは、男女で踊ったり、一人で踊ったりしましたが、最終的にお客様をみんな誘って、手を繋ぎ、大きな輪でみんなで楽しく踊りました!音楽もライブ音楽で、主にバイオリン(熊澤洋子さん)と笛(きしもとタローさん)によるものでした。

 笛の伝統的な吹き方について講演も聞かせていただき、とても興味深かったです。「マジャール人の吹き方」があるらしいです。吹きながら声を出し、笛の音と声、二つの音が重ね合って、面白い音色に聞こえます。 

 ご興味のある方はぜひきしもとタローさんに習ってみてください。


 今回のイベントは講義とコンサートという特別な形で初めて開催してみましたが、大成功でした。機会があればみんなで集まってまたやりたいですね。

皆さんと再会をお待ちしております!


 では、では!


 Köszönjük szépen!

 

このイベントは終了いたしました


日時: 2022年11月23日 (水・祝) 受付開始:14:30

時間: 15:00〜18:00

場所: 京都市左京東部いきいき市民活動センター

参加費 : 2,500円(税込)


ヨーロッパの中心に位置する小さな国、ハンガリー。ご存じでしたか、ハンガリー語、そしてハンガリー文化はその国境線を超えて存在していることを…


今回のイベントでは、まずハンガリー国内の魅力やハンガリー語の雰囲気を感じとり、そこから隣国のルーマニアへ出発します!トランシルヴァニアの美しい丘、ジメシュ地方やモルドバ地方のチャーンゴーの人たちが出迎えてくれます。現地の伝統音楽やダンスパフォーマンスを楽しみ、皆さんと一緒に気軽に踊りの喜びを味わってみたいと思います。


ハンガリー文化圏の民族舞踊を体験できるだけでなく、日本人の舞踏経験者やハンガリー人からお話を聞くこともできます!


物語を一緒に作りませんか。


予約申し込みはこちらから


【会場へのアクセス】

606-8432 京都市左京区鹿ケ谷高岸町3-2

市バス「東天王町」下車 東へ徒歩5分


【地図】


<イベント参加をご希望の方>

感染症拡大防止の観点から、定員を限定させていただいております。ご了承ください。

イベント関係者、参加者のみなさまに入室時の検温、体調チェック、

マスク着用、手指消毒の徹底をお願いしております。







閲覧数:546回0件のコメント

Comments


bottom of page