• ハンガリー語入門講座

(終了レポート)3月20日(土) 開講記念講演「言語を学ぶこと」

2021年3月20日(土)開講記念講演「言語を学ぶこと」に会場、オンライン上にてご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。


 言語学者、野間秀樹先生によるご講演「言語を学ぶこと」では、言語の捉え方や言語学習における必要な考え方などについて伺うことができました。


 言語とはこういうものだという正解があって、それを覚えるのではなく、これから学ぶ言語を母国語だったかもしれない言語として「対等に」学んでいく、というお話は新鮮に感じました。


 外国語学習では、単語や文法を正しく覚えないといけない、とか、間違えないでうまく話せるかどうか、など正解にとらわれてしまいがちです。そうではなくてもっと生きた言葉として外国語を学んでいくことができるのかもしれないと思いました。


(☆野間秀樹先生のご研究について、詳しく知りたいという方は、先生のホームページをご覧ください。 )


 ハンガリー語入門講座講師による講演では、言語学習でつまずきやすいポイントとその解決策、学習の方法等についてお話しいただきました。


 自身も人前で話すことに不安をいだきやすいタイプだった、というような経験談も交えつつ、言語学習に前向きに取り組めるようなお話を伺えました。


 参加者の方もその都度、学ぶモチベーションや学習のイメージを紙に書く時間が設けられ、改めて自分をふりかえる時間にもなったのではないかと思います。


 最後に、実際のハンガリー語がどんなものなのかを知っていただくために、ハンガリー語での寸劇が披露されました。ハンガリー語を知らない人にも、演じられた内容が伝わったようすでした。

 実際の講座においても、簡単な寸劇などの楽しいアクティビティを行う予定です。講座第1回「ハンガリー基礎知識2時間」ではゲームやクイズを取り入れています。勉強は得意じゃないけど・・・という方も楽しめる内容になっています。どうぞお気軽にお申込みください。オンライン参加も可能です。


 各講座の詳細・お申込みはこちらから。






この催しは終了いたしました


以下イベント詳細


日時:3月20日(土)

受付開始:13:30

時間:14:00~17:00

場所:kokoka京都市国際交流会館 3階研修室

定員:30名(新型コロナ感染予防対策のため変動の可能性があります。)


料金:1,000円


講師

野間 秀樹 (言語学者・美術家)

パパイ・エステル Pápai Eszter (進行役)



身の回りで使われているものとは別のことばに触れたい。普段の生活とは異なる世界について知りたい。


皆様のそういった想いをハンガリー語入門講座では尊重し心より応援いたします。


ことばを学ぶとはどういうことでしょう ことばはどうやって学べばいいのでしょう そもそも言語とは私たち人間にとってどのようなものなのでしょう こういった問いについて一緒に考えてみませんか。 ハンガリー語入門講座の開講記念に、文字通り言語の世界のただなかで生きる言語学者である野間秀樹先生のご講演をお届けします。


野間 秀樹(のま ひでき)


著書に『生きるための言語』(北海道大学出版会. 近刊)、『言語存在論』

(東京大学出版会)、『ハングルの誕生』(平凡社. アジア・太平洋賞大賞)=

『한글의 탄생』(金珍娥・金奇延・朴守珍共訳. 돌베개)、『韓国語をいかに学ぶか』 (平凡社)、『日本語とハングル』(文藝春秋)、『한국어 어휘와 문법의 상관구조』

(韓国語 語彙と文法の相関構造、太学社、大韓民国学術院優秀学術図書)、

『新・至福の朝鮮語』(朝日出版社)、『韓国語学習講座 凜 1 入門』(共著.

大修館書店)、『史上最強の韓国語練習帖 超入門編』(ナツメ社)など。

編著書に『韓国・朝鮮の知を読む』(クオン. パピルス賞)=『한국의 지(知)를

읽다』(김경원訳.위즈덤하우스)、『韓国語教育論講座 1-4巻』(くろしお出版)

など、共編著に『韓国・朝鮮の美を読む』(クオン. 近刊)。


大韓民国文化褒章。ハングル学会周時経(チュ・シギョン)学術賞。

東京外国語大学大学院教授、ソウル大学校韓国文化研究所特別研究員、国際教養大学客員 教授、明治学院大学客員教授などを歴任。リュブリアナ国際版画ビエンナーレ、

ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ、現代日本美術展佳作賞など。


教室での対面形式

ZOOMでのオンライン形式

ご希望の受講形式をお選びください。


予約申込みはコチラから

https://forms.gle/csTg45EfHpaGspfx8




370回の閲覧0件のコメント