top of page
  • 執筆者の写真ハンガリー語入門講座

(終了レポート)4月・5月 初級② 第1期「〈時〉めくハンガリー語」 

初級② 第1期「〈時〉めくハンガリー語」は無事に終了しました。参加者の皆様、ご聴講、誠にありがとうございました。

この講座では、時間にまつわる表現を勉強することができました。


最初の回では、基本的な挨拶、母音調和、動詞の活用と数字を復習しました。10~111の数字に触れました。内容が濃い、とてもいい復習になりました!


第二回では、時計盤の読み方、季節、月、天気を表す表現を学びました。スタッフが参加していた短くて分かりやすい寸劇もありました。そして、今回メインのHány óra van?(「何時ですか。」)という表現を覚えました。


個人的に一番印象に残ったのは、季節を覚えるためのmondóka(言葉遊び)です。

ハンガリーには言葉遊びがたくさんあって、子供の頃、皆さんはそれを遊びながら、自分の母語も学んでいます。口頭で伝えていることの多い民族的な教材であるmondókaでハンガリー人と同じように学べて本当によかったと思います。


第三回では、一つのmondókaに限らず、他の子供の歌や民謡を通して知っている単語を増やすことができました。言葉遊び、民謡と子供の歌は、名詞や動詞が多い印象がありますが、時間の副詞もたっぷり習いました。それもなかなか貴重です。

おそらくご周知のように、ハンガリー語は文法が非常に複雑な言語で、その文法を使いこなせるのも大事です。それで動詞活用を勉強しました。自習する場合、このテーマで挫折する方もいる、という意見を聞きましたが、エステル先生がとても分かりやすく説明してくれました。


第四回では、習った内容の復習をして、そして習った表現や文法からなるもう少し長い文章の読解をしました。「ik」で終わる動詞の現在形に触れて、自分が日常的にしていることを話せるようになりました。相手に対してもハンガリー語で色んな質問をすることができました。


最終回では、会話アクティビティが多くあって、受講生の皆様が決まったテーマで自分で会話をしたりしました。

たくさん学べて、そしてハンガリー語を勉強する仲間と交流できてとても楽しかったです。


講座のレベルは全体的にかなりアップして、難しいところもありましたが、それなりに挑戦できてよかったです。受けて、自分の中の進捗を実感できました。


時間は止まらない。世界は回っています。

人間は時計などを発明しましたが、それがなければ、時間はいつだって気づかないうちに動いています。

皆様も、毎日少しずつハンガリー語を勉強しながら、時間の流れとともに、いつの間にか流暢になると心から願っております。


Köszönöm szépen! Sziasztok!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


この講座は終了いたしました


日時:2023年4月1日(土)、15日(土)、29日(土)、

  5月13日(土)、27日(土)

時間:15:00~17:00 (14:50頃よりオンライン入室いただけます) 

料金: 4,200円(税込)/全5回


※これまでに当講座、イベントにご参加いただいたことのある方は4,000円(税込)です。

※満18歳未満の方は無料ですので、申込フォームの備考欄にご記入をお願いします。

※障がい当事者のお客様一人につき3人まで介助者を無料とさせていただきます。

※コースのために予習されたい方は、こちらの講座資料・動画にてサポートさせていただきます。


ガイド(講師)

パパイ・エステル Pápai Eszter


ハンガリーの四季を肌に感じる。

雪日和の突き刺さるような寒さの後、新鮮な土から細やかなスノードロップが咲く。大草原の春めく景色の広がり。


今は「〈時〉めくハンガリー語」の季節です。


この春の講座では、ハンガリーでの時間の流れを体験しながら、季節、月、曜日などにまつわる言葉に触れ、日々の生活について語るのを楽しみます。一日の出来事から一年の予定まで伝えられるように、母音調和に見守られている動詞や接尾辞たちを招待して、交流会を開きます!

頭をハンガリー時間に切り替え、次の数ヶ月を現地の時計やカレンダー通りに過ごしてみませんか。


予約申し込みはこちらから



閲覧数:387回0件のコメント

Commentaires


bottom of page