• ハンガリー語入門講座

(終了レポート)5月1日(土)第2回「海のない島、ハンガリー/語」

ハンガリー語入門講座第2回「海のない島、ハンガリー/語 」が終了しました。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。今回は参加がかなわなかった、もしくは、これから参加をお考えの方へ、レポートをお届けします。

今回もまたハンガリー語の挨拶から始まりました。フォーマル、カジュアルな挨拶にとどまらず、初対面の人と交わす「お名前は?」「どちらのご出身ですか」などの会話も登場。先生とアシスタントによる寸劇を見て、内容を見事推測されていたお客様もいらっしゃいました。

そして発音を練習するパートでは、お客様がリレーのように次の方に問いかけ、答えるという方法でのアクティビティでした。初めて顔を合わせられるお客様も、継続参加のお客様も一体となってハンガリー語にアタックする時間となりました。

そしてここからが今日のテーマ。「ハンガリーは海のない島」なのか?という講座内容へ。

ハンガリーを”島”と呼ぶ理由は、ハンガリー語の特徴にありました。ハンガリー語は、ヨーロッパの諸言語が属するインド・ヨーロッパ語族の言語ではありません。同じ語族・語派と呼べるのは2000km以上離れた場所に位置するフィンランド語、そしてロシアの少数民族の言語のみでした。(ウラル語族フィン・ウゴル語派)確かに地図で見てみると陸の孤島であることがわかり、ほほうと納得できる遠さです。

そこからはハンガリー語に焦点を当てた内容となりました。英語で親しんだアルファベットとは大きく異なる文字や発音、母音調和という特徴まで多岐にわたりました。ハンガリー語早口言葉のパートでは、みなさま果敢にチャレンジされていました。


最後は「ハンガリーは本当に”海のない”島なのか?」というテーマに戻る話でした。言語の分布からみるとハンガリーは”島”とは呼べる。ただ海がないかというと…?答えが気になるという方はぜひ「バラトン湖」で検索してみてください。その別名だけでなく、綺麗な写真も見られることと思います。


講座終了後のフリートークでは、ハンガリー語の由来について違った視点から詳しい話が展開され、先生やアシスタントも学ばせていただきました。ハンガリー語の印象などオンライン・対面のお客様双方のお話が伺えて、和やかな時間となりました。


今回は緊急事態宣言に伴って会場変更や定員の制限など、さまざまな変更がありましたが、会場受講のお客様とオンラインのお客様が相互にコミュニケーションを楽しめる回となりました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。


レポートは以上です。今後も楽しい講座をお届けしてまいります。次回は5月15日(土)14:00〜16:00「失礼いたしました……ハンガリーのマナー」です。みなさまのご参加をお待ちしております。


各講座スケジュールページはこちら






この講座は終了いたしました


以下講座詳細です。


緊急事態宣言発出に関わる変更について下に追記いたしました。


日時:5月1日(土)

受付開始:13:30

時間:14:00~16:00

場所:kokoka京都市国際交流会館 3階 会議室4

料金:1,000円

※満18歳以上の方は初回が1,000円、2回目以降は800円の受講料をいただきます。満18歳未満の方は無料ですので、申込フォームの備考欄にご記入をお願いします。

※障がい当事者のお客様一人につき3人まで介助者を無料とさせていただきます。



ガイド(講師)

パパイ・エステル Pápai Eszter


ハンガリーはどう見ても島ではありません。海もありません。 ですが、それは本当に正しいのでしょうか。

この回では大きく息を吸って、言語の世界という海に潜り込みます!言語の世界 では地理学や物理学の原理さえ越えられます。周りをほかの言語圏に囲まれたハンガリー語圏という島。ハンガリー人のアイデンティティと深く結びついているハンガリー語。この言語は一体どこに起源を持つのでしょうか。想像を超えるような面白い特徴はあるのでしょうか。あっと言わせる文法、早口言葉、日本語にない音の響きに楽しく触れながら、ハンガリーが海のない島である理由を一緒に解明していきませんか。

それとも、そうでない理由が見つかるでしょうか……?


予約申込はこちらから

https://forms.gle/tqdWmg7zxDMqwPDQ9



緊急事態宣言の発出に伴い、会場であった京都市国際交流会館での5月1日の講座の開催が叶わないものとなりました。

現在、変更会場として、NPOココペリ121の学術文化部門の事務所としても使われている〈茶山kpハザ〉という多目的スペースを検討しております。安心して受講していただけるよう、定員を制限させていただく予定です。ご了承ください。

オンラインでのご受講が可能なお客様は、オンライン受講をご検討していただきますようお願い申し上げます。

オンラインでの受講については定員を定めておりません。5月1日の回以降もどしどしお申し込みいただけると幸いです。

(2021.4.26 追記)

会場変更に関わる詳細の発表が遅れておりまして申し訳ございません。5月1日の会場変更の詳細は29日にこのページにてお知らせいたします。(2021.4.28 追記)


5月1日の第2回ハンガリー語入門講座は上述の茶山kpハザで開催いたします。所在地は[〒606-8233 京都市左京区田中北春菜町 34-4 Tel & Fax 075-777-4069]です。叡山電車の茶山駅から北東に150m の一軒家です。

ただし、感染症拡大防止の観点から定員を限定させていただいております。オンライン受講が可能なお客様はそちらをご検討ください。オンライン受講の環境がないという場合は個別に対応させていただきますので、お問い合わせからご相談ください。5月15日以降の講座は通常通り開催予定ですが、会場変更が再度必要になった場合はお知らせいたします。(4月29日追記)

139回の閲覧0件のコメント